学習塾・通信教育の無料検索サイト「塾ログ」

志学館予備校 志学館予備校

奈良の塾ならKECゼミナール。「本物の自信」を育てます!

  • 未掲載
対象学年:
    授業種別:

      コース・料金

      対象学年 小1~小6
      コースの
      概要と特長

      【国立大学附属中学受験県下No.1の実績】  全国No.1の合格実績を誇る奈良女子大学附属中等教育学校、奈良教育大学附属中学校、京都教育大学附属桃山中学校、奈良県立青翔中学校、奈良県No.1の合格実績となる大阪教育大学附属天王寺中学校、大阪教育大学附属平野中学校をはじめとして国立大学附属中学受験において奈良の塾で定評のあるKECゼミナール小学部。近年は奈良学園グループをはじめ難関私立中学受験においても多数の合格者を輩出しています。なぜ、これほどまでに奈良の塾で中学受験に強いのか。その理由は、充実した中学受験対策と環境にあります。 【経験豊富な講師が行う短時間・集中型の通常授業】  入塾テストや実力テストの結果により、学力別に15名程度でクラスを編成。その後の成績の伸び次第で、クラス変更も可能です。  ※クラス編成は、教室により異なります。  実施科目:国語・算数・理科・社会・表現  実施期間:1学期、2学期、3学期の平日 17:00~19:00  ※学年・科目・教室によって時間は若干異なります。詳しくはお近くの教室にお問い合わせください。 【一人ひとりの苦手分野を詳細に把握する実力テスト】  KECゼミナールでは、成績の推移や学力レベル、強化ポイントをコンピュータ判定できる実力テストを採用しています。受験者数の規模が大きく、全国レベルでの学力診断が可能です。さらには、個人成績表、学習診断表、志望校判定表にて結果を報告しますので、さまざまな角度から成績を分析することができます。生徒一人ひとりの苦手分野や弱点を詳細に把握し、より効率的な勉強方法を伝授しています。 また、受講教科に関係なく、全教科の受験が可能です。  ※クラス編成は、教室により異なります。  実施科目:国語・算数・理科・社会  実施期間:4月、6月、7月、8月、10月、11月、12月、1月、2月、3月  ※学年により受験月が異なります。詳しくはお近くの教室にお問い合わせください。

      料金 -
      対象学年 小6
      コースの
      概要と特長

      会場:KEC志学館ゼミナール神宮教室 「合格から逆算した必勝カリキュラム」  最難関私立中学に合格するためには、どんな力が必要でしょうか。  答えを一つに絞るのであれば、「超難問を解ける力」になります。  では、「超難問を解ける力」を養成するためには、何が必要でしょうか。  やはり土台として必要なのは、「基礎学力」です。超難問ばかりを扱うから合格する力が身につくわけではありません。超難問ばかりに取り組むことで、「気持ち」が折れてしまったり、「生活リズム」が狂ってしまうということもよく聞く話です。  重要なのは、「基礎問題」と「超難問」とのバランスということです。この西大和学園中対策コースでは、このバランスを重視したカリキュラムになっています。  また、大学入試変革を皮切りに、中学入試も変革が起こってきています。  西大和学園中の21世紀型特色入試もその代表です。試験内容には、「グループディスカッション」や「プレゼンテーション」があります。  学力を鍛えるために詰め込んでできた力だけでなく、「思考力」「表現力」などを重視した時代に変化してきているわけです。  KECの最大の強みの一つは、「表現力」を育成させられるノウハウがあることです。これからの時代に起こる変革に、いち早く対応できるものであると確信しております。

      料金 -
      対象学年 中学生
      コースの
      概要と特長

      【講師との二人三脚で、生徒にとっての"ベスト校合格"を目指す】  志望校合格をめざし、ただ受験のテクニックをマスターするのではなく、講師と生徒が二人三脚でと目標を達成するために努力し、10年・20年先にも続く自信を育んでいくことが奈良で塾を長く続けてきたKECゼミナールの教育理念です。  難関校・名門校を目指すことを強いるだけの進路指導ではなく、人間大事の教育に基づいた進路指導をKECグループは行っています。 【一人ひとりの生徒にとっての"ベスト合格"のための受験対策】 ・学VIEW(マナビュー):授業効率が150%アップ!KEC独自の成績上昇システム ・KECCADAS(ケッカダス):高得点・高内申点を目指す!中学校別定期テスト対策 ・勉強合宿:学力だけでなく、精神力も鍛える ・中3志望校対策講座:時期に応じた3つの対策で志望校合格へ大きく前進! ・春期・夏期・冬期講習会:長期休暇を無駄にしない。学力向上に向けてチャンスを活かす。 【経験豊富な100%プロ講師が行う短時間・集中型の通常授業】  入塾テストや実力テストの結果に基づきクラスを編成。その後の成績の伸び次第で、クラス変更も可能です。  ※クラス編成は、教室により異なります。  実施科目:英語、数学、国語(1コマ50分を週2回)、理科、社会 (1コマ 75分を週1回)  ※学年・科目・教室によって時間は若干異なります。詳しくはお近くの教室にお問い合わせください。 【一人ひとりの苦手分野を詳細に把握する実力テスト】  KECゼミナールでは、成績の推移や学力レベル、強化ポイントをコンピュータ判定できる実力テストを採用しています。受験者数の規模が大きく、全国レベルでの学力診断が可能です。さらには、個人成績表、学習診断表、志望校判定表にて結果を報告しますので、さまざまな角度から成績を分析することができます。生徒一人ひとりの苦手分野や弱点を詳細に把握し、より効率的な勉強方法を伝授しています。 また、受講教科に関係なく、全教科の受験が可能です。  実施期間:4月、6月、8月、10月、12月、1月、2月  ※詳しくはお近くの教室にお問い合わせください。

      料金 -

      touch_app学力が上がる理由

      □子ども達の考える力を鍛える対話形式の授業  近年、中学・高校入試には国公立・私立関係なく受験者自身の意見を問う問題が多く出題されています。これらの問題を攻略するためには、常日頃の「訓練」が必要です。  KECゼミナールの授業は、講師が一方的に進めるのではなく、対話形式の授業を行います。講師たちは口癖のように「君ならどのように考える?」と問いかけます。講師と生徒がコミュニケーションを図ることで、生徒は自分の意見を自分の言葉で表現する楽しさを覚えていきます。さらに、自分以外の様々な意見を聞くことで、考え方や表現の幅も広がっていきます。  こうした日常的に表現力が向上する授業を行っていることが、毎年、奈良の塾の中でも圧倒的な合格者数を輩出する実績に繋がっています。

      school指導方針

      【人間大事の教育】  1977年奈良の地で塾創設以来、ケーイーシーは一貫して「人間大事の教育」という企業理念に基づき社会で求められる力を育む教育指導をひたむきに行ってきました。  塾として子どもたちの学力を引き上げ、受験を成功に導くことはもちろんのことです。それだけではなく、人として大切な他人を思いやる優しさの心や道徳心を持ち、自主・自立したこれからの社会の発展を担う人材の育成に寄与する「人間大事の教育」を行う塾であり続けることが、奈良の塾でオンリーワンの存在である私達ケーイーシーのアイデンティティです。 【10年・20年先にも続く自信を育てる】 ・社会で求められる力  受験を乗り越え、そして実社会に出てからも力強く前に踏み出し続けるため必要な力は、学力だけではありません。例えば就職活動において、企業が採用にあたって重視する点の上位3項目は「コミュニケーション能力」「主体性」「チャレンジ精神」となっています。これらは塾や学校で勉強をして身につく力ではなく、子どもたちが成長の過程で経験する成功体験に基づく『自信』によって磨かれるものばかりです。 ・本物の自信を育むケーイーシーの教育指導 自信とはどのように育まれるのでしょうか。自信の根源とは『自己肯定感』と『自己効力感』だと言われています。 「次はこう変えたらうまくいく」という気付き 『自己肯定感』とは、ありのままの自分を肯定的に捉えること、また目標や将来に向けて頑張ろうと思える感覚のことです。自信の根源である「自己肯定感」を育むには、生徒が何か失敗した時に、できなかったことだけを指摘するのではなく、その中でもできていることをきちんと伝えること、「次はこう変えたらうまくいく」という気付きを生徒自身に与えることが重要だと私たちは考えています。  行動に移せば必ずできるのだという経験  二つ目の『自己効力感』とは、何らかの課題に直面した際、「自分には必ず実行できる」という期待を自分自身に持てる感覚のことです。「自己効力感」を育むためには、自分の「目標・計画・行動・結果・成長」としっかり向き合える環境を作ってあげることが大切でしょう。ありのままの自分を認め、行動に移せば必ずできるのだという経験を少しずつでも積ませることが自信を身につけることに繋がるのです。KECグループでは、受験勉強を通して、その「自信」を育みます。目標に向かって自らの意思で勉強の計画を立てて、それを実行し、間違えた問題は、解き直すことで改善を繰り返すという「G-PDCAサイクル」の学習習慣を身につけるための指導を行っています。  困難な時に、生徒自身が考え、頑張り、その壁を自身の力で乗り越えること 「問題ができるようになるまで、夜遅くまで指導する」「先生が手とり足とりすべてフォローする」「先生が生徒の志望校を一方的に決めてしまう」これらは学習塾が自塾の合格者数を増やすためには最善の方法かもしれませんが、生徒の将来のことを考えた時に、必ずしも良いことばかりではないとKECグループは考えています。 「先生のかけてくれた言葉が原動力となり、私自身が頑張ることで目標を達成することができました」と言われることを、KECグループは心から望んでいます。困難な時に、自分自身で考え、頑張らせて、その壁を乗り越えさせることがKECグループの求める教育です。そして、KECグループで育んだ力を、卒業後もずっと活かし続けられることがより大切だと考えています。それを実現することがKECグループの教育コンセプトである『10年・20年先にも続く自信を育てる』ということであるのです。

      他との違い・こだわり

      【社会に出ても役立つ力を育む指導】  KECゼミナールはただ受験テクニックを教え、志望校に合格させるだけの塾ではありません。  私たちKECゼミナールは長年にわたり奈良で塾を続け、多くのKEC生を輩出し、社会で活躍している姿を見てきました。私たちが大切にすべきことは、子どもたちが志望校に進学した後も自分の夢や目標に向かって努力し、社会に出て活躍できる人材に育てることであると考えています。そのため、自分の力で目標や計画を立ててそれを達成する力、失敗や課題と向き合う姿勢、人に対しての礼儀などを日々の学習を通して指導しています。 ・さまざまなテーマを通じてやる気を高める、モチベーショントーク  授業の始め5分にはモチベーショントークを実施しています。モチベーショントークのテーマは、「なぜ今勉強しなければならないのか」「失敗したときのものの考え方」「日ごろの勉強の取り組み方」「将来の夢に近づく方法」などさまざまです。子どもたちには「自立して、自主的に学習できる人材に成長する」ことにこだわり、社会に出る準備として「受験指導」や「学習指導」を行っています。そのような教育は、さまざまな経験を積んだプロ講師だからこそできることです。 ・自ら目標に向かって努力する力を養う『G-PDCAサイクル』  KECゼミナールではテスト勉強を始めるときや模試を受ける前に、目標(Goal)の設定を行います。自分のあるべき姿を思い描くことで、やるべきことが見え行動に移しやすくなるからです。目標が決まれば自分自身の力で計画(Plan)を立てます。もちろん一人で計画を立てるのが難しい場合には、講師が計画の立て方を指導します。そして計画に基づき実行(Do)し、結果が出れば検証(Check)をします。「計画に問題がなかったか」「計画通りに実践できたか」などを考え行動を改善(Act)、次の目標や計画を練ります。目標を達成できればそれが成功体験となり自信につながるのです。そのようにして手にした自信をもとに社会で活躍してほしい、私たちKECゼミナールの願いです。 【習い事やクラブ活動にも全力投球できる『短時間・集中型授業』】  KECゼミナールが、「短時間・集中型授業」を実現できるのは、奈良の塾として長年にわたって積み上げてきたノウハウがあるからです。プロ講師が定期テストのポイント、受験のポイントなどを細かく分析し、要点を凝縮した授業を行っています。小学生には、「これは中学校に行っても必要な知識だからしっかり時間をかけて理解する」「この問題は、入試でこんな風に出る」「私立中学志望だったら、この問題は解けないといけない」など、問題を解くための知識を教えるだけでなく、問題の重要性や入試での位置づけを伝えるようにしています。また中学生には、オリジナル教材であるKECノートと、ノートに連動したプロジェクター授業を提供し、板書の時間を極力削減し授業を効率化。演習の時間を多く設けることで、分かったつもりで終わらない授業を実現しています。  そうすることによって、小学生は19時までに授業が終わり正しい生活習慣を保ちながら学力を伸ばすことができ、中学生はクラブ活動を休んだり夜遅くまで授業をしたりしなくても効果的な勉強が可能になります。

      合格実績

      【2019年度 国公立中合格実績】※塾生のみの合格実績 国立中学校合格者数関西No.1! 全国No.1 奈良女子大学附属中等教育学校 63名 奈良県No.1&過去最高 大阪教育大学附属天王寺中学校 25名 奈良県No.1 京都教育大学附属桃山中学校 21名 奈良県No.1 奈良教育大学附属中学校54名 奈良県立青翔中学校 24名 過去最高 大阪教育大学附属平野中学校9名 大阪教育大学附属池田中学校 1名 大阪府立富田林中学校 2名 過去最高 京都府立南陽高等学校附属中学校6名 【2019年度 私立中合格実績】※塾生のみの合格実績 過去最高 奈良学園系列中学校 109名 過去最高 奈良学園中学校 41名 過去最高 奈良学園登美ヶ丘中学校 68名 西大和学園中学校 1名 帝塚山中学校 12名 聖心学園中等教育学校 40名 智辯学園奈良カレッジ中学校 16名 智辯学園中学校 7名 育英西中学校 45名 清風南海中学校 1名 大阪桐蔭中学校 3名 帝塚山学院泉ヶ丘中学校 1名 清風中学校 4名 大谷中学校(大阪)5名 開明中学校 3名 明星中学校 5名 近畿大学附属中学校 11名 四天王寺学園中学校 1名 関西大学第一中学校 1名 同志社国際中学校 2名 同志社女子中学校 3名 立命館宇治中学校 3名

      hearing利用者の声

      「合宿で変わった僕の気持ち」大阪教育大学附属天王寺中学校 合格 橋本 大樹くん(中大江小学校)  僕は、六年生の夏休みのころからKECにお世話になりました。一番初めの作文講座は強く心に残っています。スポーツと勉強を両立していたため、一分一秒が本当に大切でした。自習室を利用したり、日スク、作文講座、副教科対策にも参加し、そして合宿にも行きました。どれもこれも、「合格」という二文字をつかみとるためには欠かせないものでした。その中でもやはり、合宿に参加してよかったな、と思いました。十二月二十八日~十二月三十日までの三日間。初日はいきなりリアル入試を受けました。二日目は、炎の特訓授業を受け、ふだんは教えてもらっていない先生からも教えてもらい、知識も増えました。夜にはリアル入試の結果発表があり、受かっていてうれしかったです。三日目も炎の特訓授業がありました。僕はみんなが勉強をしていたから、負けたらだめだ、と思い、一生けん命勉強しました。夜、部屋に入ってからも勉強しました。  合宿で入ったスイッチのおかげで本番までたくさん勉強し、照準を合わせることができました。合格発表までは、緊張して足が地につかず、次の学校の受験勉強が手につかなかったりしました。発表の日は僕の受験番号があって、本当にうれしかったです。第一志望である、大阪教育大学附属天王寺中学校を合格できたのはKECでの努力のたまものです。

      businessサポート体制

      【授業後までとことんフォロー】 ・個別補習  授業中に理解できなかったところや宿題などに関して、授業の空き時間を利用して質問を受け付けています。理解度が低い場合は、個別で補習を実施。とことん生徒と向き合い、しっかりと理解できるまでフォローします。 【勉強に集中できる安心サポート】 ・懇談会  学期末を中心に生徒・保護者と懇談の機会を設けています。塾での様子はもちろんのこと、進路相談、勉強方法の指導など、生徒に合わせた懇談を実施。懇談期間中でなくても、いつでも対応することが可能です。また、生徒と講師の二者懇談も随時実施し、メンタル面のケアも積極的に行っています。 ・セーフティメール  お子さまの入室時と退室時に、保護者さまにメールが届くシステムです。セーフティーメールカードをバーコードリーダーにかざすと、自動でメールが送信されます。お子さまの行動がしっかりと把握できますので、安心して塾に通っていただけます。 ・成績表  実力テストの結果を基に、成績の推移や学習方針が一目で分かる個人成績表や志望校判定表を作成しています。どの単元が苦手なのか、どのような対策をしていけばいいのかが明確になる成績表です。また、奈良女子大学附属中等教育学校模試などの摸擬試験においても、筆記試験や面接試験の結果から平均点を割り出した上で、個人成績表を作成。合格ラインに達しているかを判定しています。 ・遅刻・欠席管理  遅刻、または欠席の連絡がない場合は、ご家庭へ確認の連絡を入れています。また、欠席した場合、授業に遅れが生じないように授業の進捗状況や宿題などの報告の電話もしています。単なる報告の電話で終わらせるのではなく、塾での様子などもお伝えさせていただきます。 ・Web掲示板  ホームページから宿題の内容や連絡事項が確認できる、各教室の掲示板があります。万が一、メモをするのを忘れてしまったりしても、この掲示板からいつでも確認することが可能です。 【豊富な受験・学校情報】 ・情報誌「KECレポート」  KECゼミナールのプロ講師陣が独自に分析し、作成する受験情報誌である「KECレポート」。各学校の合格基準偏差値や受験者の成績推移、模試判定などを掲載しています。 ・学校説明会  志望校の決定をする前に、しっかりと学校を理解する必要があります。そのため、KECゼミナールでは、奈良県内はもちろん、大阪、京都の人気校の中学校を招待し、学校説明会を実施しています。入試要項や学校の特徴を学校の先生自ら説明していただく機会を設定し、さらには、学校別にブースを設置して個別相談会も実施しています。 ・オリエンテーション  合格を勝ち取ったKECの先輩から後輩たちへ、体験談・失敗談などのアドバイスを送るオリエンテーション。「受験とは何か?」「こうやって受験を乗り越えた」など、具体的なアドバイスを受けることで受験のイメージをつかむことができます。また、入試における最新情報を提供し、受験対策を万全にしていきます。 ・入試報告会 「今年の傾向はどうだったか?」「A中学校では、記述問題が多く出題された」など、入試が終わって間もない時期に、いち早く入試問題の出題傾向を分析した結果を報告しています。受験に役立つ情報やノウハウを公開し、効果的な受験勉強法を伝授します。 ・進級説明会  小6生を対象に、中学校に進学するにあたり、「公立高校の受験の仕組みはどうなっているのか?」「内申点を取るためにはどのような勉強法が必要になるのか」など、小学校とは異なる中学校生活についてお話ししています。KECゼミナールの定期テスト対策、受験対策などについてもお伝えしています。

      timeline入会の流れ

      ①お電話で入塾テスト日時決定  ご希望の曜日、時間帯をお教えください。教室のスケジュールを調整の上、入塾テストの日時を決定させていただきます。 ・入塾に関するお問い合わせ、入塾のお申込み  奈良の塾KECゼミナールの教室はすべて駅近です。安心・便利でお子さまが勉強に集中できる環境をご提供しています。お問い合わせ、入塾のお申込みはお近くの教室へお電話ください。 ②入塾テスト  お電話で入塾テストの日時を決定します。  小学生は、国語と算数。  中学生は、英語と数学(新中1・6月までは国語と算数)のテストを行います。 ③テスト内容のフィードバック  テストの結果を分析し、懇談でテスト内容のフィードバックをさせていただきます。※答案内容、点数によっては、再テスト、不合格の場合があります ④入塾手続き  入塾申込書にご記入いただき、受講される教科と入塾日を決めていただきます。 ⑤授業開始  塾用のノートをご用意いただき、教材及び筆記用具をお持ちください。