茨城進学ゼミナール

茨城進学ゼミナール

3.00

(0件)

※口コミ件数が基準より少ないため、総合評価を3.0と表示しています

対象学年
  • 小1〜6
  • 中1〜3
授業種別
  • 集団指導

お問い合わせ・無料資料請求

茨城進学ゼミナールの特色

学力が上がる理由

〈絶対変えられないこともある! 講師の質に絶対の自信!!〉
私塾教育でも公教育でも、教師が子どもに与える影響は決定的です。教育の問題は、教師に始まって教師に終わると言っても過言ではありません。私塾はそれぞれ独自の教育理念と指導方針を持っていて、そのいずれもが自塾の教材や教育システムのすばらしさをアピールしています。選ぶ立場からすれば目移りしてしまうほど、そのセールスポイントはもっともなことばかりです。しかし、私塾教育でも公教育でも教育の質を高めようとするならば、まず現場にいる教師の水準を上げることこそが最も重要です。茨進は、「豊かな人間性や意欲を高めるための強い指導力を備えるのはもちろんのこと、新しい知識を得ることの喜びを与え、熱い情熱を注ぐことのできる教師」が教壇に立つべきだと断言します。茨進の講師は、日々のミーティングを繰り返し、共通認識を持って生徒の指導にあたらせていただいております。また、茨進の教室は入口のドアや壁に透明のガラスを多用し、密室にならないよう心掛けております。

指導方針

茨進では、生徒本人・ご家庭のご希望に添った6 年一貫校への合格指導、および地元公立中学進学後に優位に立つ準備学習指導に取り組んでおります。いずれにおきましでも、中学に入学後、新たな環境の中でこそ伸びていくための「真の学力」が身につくよう、知識量はもとより、観察力・思考力・分析力、そして表現力、更には、「何のために学ぶのか」といった学習目標、意欲までもが維持されていくように、工夫と配慮を凝らした指導を実践します。

また、今年度より「市進教育グループ」が誇る難関国私立中学合格への指導ノウハウを採用することで、更に幅広い目標に対応した指導を進めて参ります。

他との違い・こだわり

□夏期感動合宿(茨進中学受験ゼミ)
中学受験のために、小学6年生を対象に実施する2泊3日の合宿です。夏期講習期間中に実施され、20時間以上集中して学習する中で、受験に対する意識を効果的に高めていきます。申し込み制による任意参加の講座ですが、毎年受付開始から2週間程度で定員を迎えてしまう人気講座です。

□市進定例試験(私立中学入試統一模擬試験)
私立中受験コースで、小4から小6までそれぞれ年8回、平均して1.5ヶ月に1回実施される実力テスト型のテストです。指導の基礎資料としてはもちろん、志望校決定のための基礎資料となるテストです。

□国私立中学入試模擬試験
小4~小6前期に、いばしん個別指導学院の中学受験コースに在籍されている方に受験いただく、実力テスト型のテストです。定例試験と同様、学習指導、志望校決定のための基礎資料として活用していくテストです。

□オープン模試
茨進 中学受験ゼミの「並木中等・日立一高附属中・古河中等対策コース」、茨進ゼミナールの「公立中進学コース」、いばしん個別指導学院の「学力強化コース」に在籍されている方に受験いただく、算数・国語・理科・社会の教科学習の定着度を測定するためのテストです。

□並木中等・日立一高附属中そっくり模試
茨城県の公立中高一貫校適性検査の出題傾向や出題形式に合わせた、茨進オリジナルの模擬試験です。一般的な公立中高一貫校受検生向けの模擬試験と異なり、専門のテスト会と茨進の専任スタッフの共同で作成されている完全に茨城県に合わせた試験となっています。並木中等・日立一高附属中・古河中等対策コースの方は必修、その他のコースに在籍の方もお申込みいただけるテストです。

□統一合判(首都圏中学模試センター)
塾外テストとして、市進グループでは、首都圏中学模試センターが主催する「統一合判(通称:首都模試)」の受験を推奨しています。首都圏では最多の受験者数を誇る中学受験生向けの模擬試験であるのと同時に、塾が母体となっている模擬試験ではないため、出題範囲や作問傾向に偏りがないことで、客観的な評価ができる点が大きなメリットです。

合格実績

【2019年中学入試実績】
並木中等教育学校、日立一高付属中学校、茨城中、江戸川学園取手中、茗渓学園中、茨大教育学部附属中、水戸英宏中、智学館中等、茨城キリスト教学園中、土浦日大中等、常総学院中、東洋大牛久中、渋谷幕張中、市川中、浦和明の星中、開智中など

【2018年高校入試実績】
土浦第一高、竹園高、水戸第一高、竜ヶ崎一高、土浦二高、牛久栄進高、下妻一高、水海道一高、日立一高、緑岡高、水戸二高、水戸桜ノ牧高、茨城高専、藤代高、牛久高、土浦三高、水戸商業、日立北高、勝田高、江戸川取手高、土浦日大高、常総学院高、東洋大学牛久高、つくば秀英高、茨城高、水城高、茨城キリスト高、常磐大学高、水戸葵陵高、水戸啓明高、明秀日立高など

【2019年大学入試実績】
東京大、東京学芸大、北海道大、東北大、大阪大、お茶の水女子大、筑波大、千葉大、横浜国立大、茨城大、茨城県立医療大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大、東京女子大、日本女子大など

利用者の声

夏期感動合宿は、20時間勉強すると聞いて最初はとても不安でしたが、担当の先生が分かりやすく教えてくれたので、時が過ぎるのが速く感じました。朝・昼・晩の食事もとても美味しく、充実した3日間を過ごせました。また、中学入試合格突破ゼミでは、知らない校舎の人がたくさん集まって勉強します。とても大変な日々でしたが、最後はやりきれた気持ちでとてもよかったです。茨進の先生方には本当に感謝しています。(2018年中学受験生)

サポート体制

□保護者会
生徒の学習状況に関して有意義な情報を交換することを目的とし、学期に1度実施しております。教室にお越しいただき、最近の入試動向や教育情報をお知らせすると共に、それに対する茨進の取り組み方や考えをお伝えします。教育をとりまく現状を把握していただいた上で、塾で学習している事柄にどのような意義があるのかをご理解いただきたいと考えております。

□保護者個人面談
塾での生徒の様子や学習状況、テストの成績などをもとに、家庭学習の進め方、効果的な学習法について保護者の皆様と話し合う機会を設けております。生徒に関する情報を交換することにより、塾での指導や家庭学習の改善につなげていけたらと考えております。また、進路相談などもこの機会に行いますので、日ごろ疑問や不安に思われることなど、お話いただければ幸いです。年間3回を目安に実施しておりますが、ご希望や必要に応じて個別に随時行います。

□入試説明会
県立高校入試説明会を6~7月に行います。県立高校の入試制度や入試までの大まかな流れのほかに、近年の入試概況や出題内容の分析、そして入試対策に関する必要事項など、詳しい説明を行います。
私立高校入試説明会は10月に行います。各学校の入試担当の先生方にお越しいただき、次年度入試に関する詳細な資料をもとに保護者の皆様・受験生の皆さんに、直接お話をしていただきます。

入会の流れ

1.茨進を知る(保護者様)
●窓口で説明を聞く
●電話で説明を聞く
●案内書を見る
●ホームページを見る
●入塾説明会に出席する

窓口ではお子様の様子・茨進へのご要望などをお聞きし、最適な学習コースをご紹介いたします。また体験授業(無料)もありますので、ぜひご利用ください。


2.学力診断・学習相談
●無料学力診断テスト(算数と国語)
●学習相談
●学習相談は随時受けています。
●無料学力診断テストは集団指導をご希望の方のみとなります。

無料学力診断テストや学習相談の結果のもとに、茨進での最適な学びを提案させていただきます。


3.入塾手続
●入塾手続き書類の提出

関連のある塾

教室一覧

教室情報がありません