中萬学院 CG啓明館<中学受験>

中萬学院 CG啓明館<中学受験>

3.00

(0件)

※口コミ件数が基準より少ないため、総合評価を3.0と表示しています

対象学年
  • 小1〜6
授業種別
  • 集団指導
月額料金 7,160円~

お問い合わせ・無料資料請求

コース・料金

対象学年 小1・2
コースの概要と特長

〈塾ならではの指導で、学びから得る喜びをプロ講師が引き出します〉
・学習イベント、特別講座で学びの体験:パズル道場

〈知識を得て考えることの楽しさを味わい、学ぶことへの興味を培います〉
○学習のポイント
・算数
 小学校低学年時は、基礎的な問題を繰り返し行うことによる計算力の向上と、図形や数に対する柔軟な思考力を育む上で非常に大切な時期です。しかし学校教育の現場では、基本問題や演習問題に数多く触れる機会が不足していることが多いです。本コースの算数は、小学校の学習だけ では不足しがちな学習機会を提供し、子どもたちそれぞれの持つ可能性を最大限引き出す授業を心掛けています。

・国語
 小学3年生は6学年の中で最も配当漢字が多いこと、ご存知でしょうか。集団授業の特性を生かした指導で、小学3年生から徐々に増え始める抽象的なことばの理解や、ことばがもつイメージ理解をはかります。

〈学ぶことの楽しさを体感し、規則正しい学習習慣の定着を図ります〉
○学習のポイント
・算数
 受験算数の学習スタートで重要なのは、問題に興味をもって取り組めるかどうか。4年生なりの解き方で入試レベルの問題に挑戦してみるなど、試行錯誤を繰り返しそれぞれの内容を掘り下げながら問題への執着心・探求心を養っていきます。

・国語
 言葉の意味や使用法、漢字などの知識分野をかためます。また、文章読解ではなぜ間違ったのかを考えたのちに、講師の解説を聞くことで、間違いを確実に理解していきます。

・理科
 理科の学習で重要なことは、日常生活で目にする科学現象への関心を高め、自分なりに「なぜそうなるのか」を考えること。時には実験なども行いながら、科学の世界への興味を深めます。

・社会
 知識の詰め込みに終始するのではなく、歴史・地理・文化など幅広い内容を扱います。4年生の間に、社会学習とは何であるかを自然に身につけさせます。

○教科指導方針
・算数
 中学入試で出題される「割合」「速さ」「数の性質」「立体図形」などの単元は、5年生の前期から学習が始まります。これまでに学んだ解法を活用しながら各単元に取り組み、問題を抽象化して解くことを最大の目標とします。

・国語
 国語力アップのための最大のポイントは「問題をその場で解くこと」。制限時間がある中で集中して問題に向き合い、試験で本領発揮するための読解力を磨きます。正誤だけに拘ることなく、考え方の回路や未知への関心を養成するための指導です。

・理科
 本格的な理科の受験勉強に移行するのがこの時期。生物・化学・物理・地学の4分野とも身近な事象をテーマにしながら知識を把握する力を養います。

・社会
  知識の詰め込みに留まらず、それぞれの分野の知識を積極的に融合、関連づけて、子どもたちの問題意識を深掘りします。

〈志望校合格に向けて実戦力の強化を図ります〉
○学習のポイント
・算数
 6年生の算数は「比」の概念を導入することから始まります。その後、入試頻出単元を中心に学習。夏期講習後は、各種ミックス問題に挑戦し、入試での実戦力を養成します。

・国語
 1学期は単元別演習を中心に基礎力の確認を、夏期講習は入試頻出文章の読解を中心に応用力の養成を図ります。2学期以降は、実戦力を養うために記述問題中心の演習を用意しています。

・理科
 夏期講習以降は全分野のおさらいをはじめ、各種ミックス問題を提供し実践的に訓練します。基本問題や入試で頻出する問題をすらすら解けるようにすることで、合格への一歩を後押しします。

・社会
 入試最頻出範囲である現代史から開始。公民分野にも入り、1学期中に分野別学習を終了。夏期講習以降は総復習の時期。全範囲の仕上げをし、知識全体の整理と試験本番への対応力向上を実現します。

料金 詳しくは塾にお問い合わせください
対象学年 小3
コースの概要と特長

〈塾ならではの指導で、学びから得る喜びをプロ講師が引き出します〉
・学習イベント、特別講座で学びの体験:パズル道場

〈知識を得て考えることの楽しさを味わい、学ぶことへの興味を培います〉
○学習のポイント
・算数
 小学校低学年時は、基礎的な問題を繰り返し行うことによる計算力の向上と、図形や数に対する柔軟な思考力を育む上で非常に大切な時期です。しかし学校教育の現場では、基本問題や演習問題に数多く触れる機会が不足していることが多いです。本コースの算数は、小学校の学習だけ では不足しがちな学習機会を提供し、子どもたちそれぞれの持つ可能性を最大限引き出す授業を心掛けています。

・国語
 小学3年生は6学年の中で最も配当漢字が多いこと、ご存知でしょうか。集団授業の特性を生かした指導で、小学3年生から徐々に増え始める抽象的なことばの理解や、ことばがもつイメージ理解をはかります。

〈学ぶことの楽しさを体感し、規則正しい学習習慣の定着を図ります〉
○学習のポイント
・算数
 受験算数の学習スタートで重要なのは、問題に興味をもって取り組めるかどうか。4年生なりの解き方で入試レベルの問題に挑戦してみるなど、試行錯誤を繰り返しそれぞれの内容を掘り下げながら問題への執着心・探求心を養っていきます。

・国語
 言葉の意味や使用法、漢字などの知識分野をかためます。また、文章読解ではなぜ間違ったのかを考えたのちに、講師の解説を聞くことで、間違いを確実に理解していきます。

・理科
 理科の学習で重要なことは、日常生活で目にする科学現象への関心を高め、自分なりに「なぜそうなるのか」を考えること。時には実験なども行いながら、科学の世界への興味を深めます。

・社会
 知識の詰め込みに終始するのではなく、歴史・地理・文化など幅広い内容を扱います。4年生の間に、社会学習とは何であるかを自然に身につけさせます。

○教科指導方針
・算数
 中学入試で出題される「割合」「速さ」「数の性質」「立体図形」などの単元は、5年生の前期から学習が始まります。これまでに学んだ解法を活用しながら各単元に取り組み、問題を抽象化して解くことを最大の目標とします。

・国語
 国語力アップのための最大のポイントは「問題をその場で解くこと」。制限時間がある中で集中して問題に向き合い、試験で本領発揮するための読解力を磨きます。正誤だけに拘ることなく、考え方の回路や未知への関心を養成するための指導です。

・理科
 本格的な理科の受験勉強に移行するのがこの時期。生物・化学・物理・地学の4分野とも身近な事象をテーマにしながら知識を把握する力を養います。

・社会
  知識の詰め込みに留まらず、それぞれの分野の知識を積極的に融合、関連づけて、子どもたちの問題意識を深掘りします。

〈志望校合格に向けて実戦力の強化を図ります〉
○学習のポイント
・算数
 6年生の算数は「比」の概念を導入することから始まります。その後、入試頻出単元を中心に学習。夏期講習後は、各種ミックス問題に挑戦し、入試での実戦力を養成します。

・国語
 1学期は単元別演習を中心に基礎力の確認を、夏期講習は入試頻出文章の読解を中心に応用力の養成を図ります。2学期以降は、実戦力を養うために記述問題中心の演習を用意しています。

・理科
 夏期講習以降は全分野のおさらいをはじめ、各種ミックス問題を提供し実践的に訓練します。基本問題や入試で頻出する問題をすらすら解けるようにすることで、合格への一歩を後押しします。

・社会
 入試最頻出範囲である現代史から開始。公民分野にも入り、1学期中に分野別学習を終了。夏期講習以降は総復習の時期。全範囲の仕上げをし、知識全体の整理と試験本番への対応力向上を実現します。

料金 詳しくは塾にお問い合わせください
対象学年 小4
コースの概要と特長

〈塾ならではの指導で、学びから得る喜びをプロ講師が引き出します〉
・学習イベント、特別講座で学びの体験:パズル道場

〈知識を得て考えることの楽しさを味わい、学ぶことへの興味を培います〉
○学習のポイント
・算数
 小学校低学年時は、基礎的な問題を繰り返し行うことによる計算力の向上と、図形や数に対する柔軟な思考力を育む上で非常に大切な時期です。しかし学校教育の現場では、基本問題や演習問題に数多く触れる機会が不足していることが多いです。本コースの算数は、小学校の学習だけ では不足しがちな学習機会を提供し、子どもたちそれぞれの持つ可能性を最大限引き出す授業を心掛けています。

・国語
 小学3年生は6学年の中で最も配当漢字が多いこと、ご存知でしょうか。集団授業の特性を生かした指導で、小学3年生から徐々に増え始める抽象的なことばの理解や、ことばがもつイメージ理解をはかります。

〈学ぶことの楽しさを体感し、規則正しい学習習慣の定着を図ります〉
○学習のポイント
・算数
 受験算数の学習スタートで重要なのは、問題に興味をもって取り組めるかどうか。4年生なりの解き方で入試レベルの問題に挑戦してみるなど、試行錯誤を繰り返しそれぞれの内容を掘り下げながら問題への執着心・探求心を養っていきます。

・国語
 言葉の意味や使用法、漢字などの知識分野をかためます。また、文章読解ではなぜ間違ったのかを考えたのちに、講師の解説を聞くことで、間違いを確実に理解していきます。

・理科
 理科の学習で重要なことは、日常生活で目にする科学現象への関心を高め、自分なりに「なぜそうなるのか」を考えること。時には実験なども行いながら、科学の世界への興味を深めます。

・社会
 知識の詰め込みに終始するのではなく、歴史・地理・文化など幅広い内容を扱います。4年生の間に、社会学習とは何であるかを自然に身につけさせます。

○教科指導方針
・算数
 中学入試で出題される「割合」「速さ」「数の性質」「立体図形」などの単元は、5年生の前期から学習が始まります。これまでに学んだ解法を活用しながら各単元に取り組み、問題を抽象化して解くことを最大の目標とします。

・国語
 国語力アップのための最大のポイントは「問題をその場で解くこと」。制限時間がある中で集中して問題に向き合い、試験で本領発揮するための読解力を磨きます。正誤だけに拘ることなく、考え方の回路や未知への関心を養成するための指導です。

・理科
 本格的な理科の受験勉強に移行するのがこの時期。生物・化学・物理・地学の4分野とも身近な事象をテーマにしながら知識を把握する力を養います。

・社会
  知識の詰め込みに留まらず、それぞれの分野の知識を積極的に融合、関連づけて、子どもたちの問題意識を深掘りします。

〈志望校合格に向けて実戦力の強化を図ります〉
○学習のポイント
・算数
 6年生の算数は「比」の概念を導入することから始まります。その後、入試頻出単元を中心に学習。夏期講習後は、各種ミックス問題に挑戦し、入試での実戦力を養成します。

・国語
 1学期は単元別演習を中心に基礎力の確認を、夏期講習は入試頻出文章の読解を中心に応用力の養成を図ります。2学期以降は、実戦力を養うために記述問題中心の演習を用意しています。

・理科
 夏期講習以降は全分野のおさらいをはじめ、各種ミックス問題を提供し実践的に訓練します。基本問題や入試で頻出する問題をすらすら解けるようにすることで、合格への一歩を後押しします。

・社会
 入試最頻出範囲である現代史から開始。公民分野にも入り、1学期中に分野別学習を終了。夏期講習以降は総復習の時期。全範囲の仕上げをし、知識全体の整理と試験本番への対応力向上を実現します。

料金 詳しくは塾にお問い合わせください
対象学年 小5
コースの概要と特長

〈塾ならではの指導で、学びから得る喜びをプロ講師が引き出します〉
・学習イベント、特別講座で学びの体験:パズル道場

〈知識を得て考えることの楽しさを味わい、学ぶことへの興味を培います〉
○学習のポイント
・算数
 小学校低学年時は、基礎的な問題を繰り返し行うことによる計算力の向上と、図形や数に対する柔軟な思考力を育む上で非常に大切な時期です。しかし学校教育の現場では、基本問題や演習問題に数多く触れる機会が不足していることが多いです。本コースの算数は、小学校の学習だけ では不足しがちな学習機会を提供し、子どもたちそれぞれの持つ可能性を最大限引き出す授業を心掛けています。

・国語
 小学3年生は6学年の中で最も配当漢字が多いこと、ご存知でしょうか。集団授業の特性を生かした指導で、小学3年生から徐々に増え始める抽象的なことばの理解や、ことばがもつイメージ理解をはかります。

〈学ぶことの楽しさを体感し、規則正しい学習習慣の定着を図ります〉
○学習のポイント
・算数
 受験算数の学習スタートで重要なのは、問題に興味をもって取り組めるかどうか。4年生なりの解き方で入試レベルの問題に挑戦してみるなど、試行錯誤を繰り返しそれぞれの内容を掘り下げながら問題への執着心・探求心を養っていきます。

・国語
 言葉の意味や使用法、漢字などの知識分野をかためます。また、文章読解ではなぜ間違ったのかを考えたのちに、講師の解説を聞くことで、間違いを確実に理解していきます。

・理科
 理科の学習で重要なことは、日常生活で目にする科学現象への関心を高め、自分なりに「なぜそうなるのか」を考えること。時には実験なども行いながら、科学の世界への興味を深めます。

・社会
 知識の詰め込みに終始するのではなく、歴史・地理・文化など幅広い内容を扱います。4年生の間に、社会学習とは何であるかを自然に身につけさせます。

○教科指導方針
・算数
 中学入試で出題される「割合」「速さ」「数の性質」「立体図形」などの単元は、5年生の前期から学習が始まります。これまでに学んだ解法を活用しながら各単元に取り組み、問題を抽象化して解くことを最大の目標とします。

・国語
 国語力アップのための最大のポイントは「問題をその場で解くこと」。制限時間がある中で集中して問題に向き合い、試験で本領発揮するための読解力を磨きます。正誤だけに拘ることなく、考え方の回路や未知への関心を養成するための指導です。

・理科
 本格的な理科の受験勉強に移行するのがこの時期。生物・化学・物理・地学の4分野とも身近な事象をテーマにしながら知識を把握する力を養います。

・社会
  知識の詰め込みに留まらず、それぞれの分野の知識を積極的に融合、関連づけて、子どもたちの問題意識を深掘りします。

〈志望校合格に向けて実戦力の強化を図ります〉
○学習のポイント
・算数
 6年生の算数は「比」の概念を導入することから始まります。その後、入試頻出単元を中心に学習。夏期講習後は、各種ミックス問題に挑戦し、入試での実戦力を養成します。

・国語
 1学期は単元別演習を中心に基礎力の確認を、夏期講習は入試頻出文章の読解を中心に応用力の養成を図ります。2学期以降は、実戦力を養うために記述問題中心の演習を用意しています。

・理科
 夏期講習以降は全分野のおさらいをはじめ、各種ミックス問題を提供し実践的に訓練します。基本問題や入試で頻出する問題をすらすら解けるようにすることで、合格への一歩を後押しします。

・社会
 入試最頻出範囲である現代史から開始。公民分野にも入り、1学期中に分野別学習を終了。夏期講習以降は総復習の時期。全範囲の仕上げをし、知識全体の整理と試験本番への対応力向上を実現します。

料金 詳しくは塾にお問い合わせください
対象学年 小6
コースの概要と特長

〈塾ならではの指導で、学びから得る喜びをプロ講師が引き出します〉
・学習イベント、特別講座で学びの体験:パズル道場

〈知識を得て考えることの楽しさを味わい、学ぶことへの興味を培います〉
○学習のポイント
・算数
 小学校低学年時は、基礎的な問題を繰り返し行うことによる計算力の向上と、図形や数に対する柔軟な思考力を育む上で非常に大切な時期です。しかし学校教育の現場では、基本問題や演習問題に数多く触れる機会が不足していることが多いです。本コースの算数は、小学校の学習だけ では不足しがちな学習機会を提供し、子どもたちそれぞれの持つ可能性を最大限引き出す授業を心掛けています。

・国語
 小学3年生は6学年の中で最も配当漢字が多いこと、ご存知でしょうか。集団授業の特性を生かした指導で、小学3年生から徐々に増え始める抽象的なことばの理解や、ことばがもつイメージ理解をはかります。

〈学ぶことの楽しさを体感し、規則正しい学習習慣の定着を図ります〉
○学習のポイント
・算数
 受験算数の学習スタートで重要なのは、問題に興味をもって取り組めるかどうか。4年生なりの解き方で入試レベルの問題に挑戦してみるなど、試行錯誤を繰り返しそれぞれの内容を掘り下げながら問題への執着心・探求心を養っていきます。

・国語
 言葉の意味や使用法、漢字などの知識分野をかためます。また、文章読解ではなぜ間違ったのかを考えたのちに、講師の解説を聞くことで、間違いを確実に理解していきます。

・理科
 理科の学習で重要なことは、日常生活で目にする科学現象への関心を高め、自分なりに「なぜそうなるのか」を考えること。時には実験なども行いながら、科学の世界への興味を深めます。

・社会
 知識の詰め込みに終始するのではなく、歴史・地理・文化など幅広い内容を扱います。4年生の間に、社会学習とは何であるかを自然に身につけさせます。

○教科指導方針
・算数
 中学入試で出題される「割合」「速さ」「数の性質」「立体図形」などの単元は、5年生の前期から学習が始まります。これまでに学んだ解法を活用しながら各単元に取り組み、問題を抽象化して解くことを最大の目標とします。

・国語
 国語力アップのための最大のポイントは「問題をその場で解くこと」。制限時間がある中で集中して問題に向き合い、試験で本領発揮するための読解力を磨きます。正誤だけに拘ることなく、考え方の回路や未知への関心を養成するための指導です。

・理科
 本格的な理科の受験勉強に移行するのがこの時期。生物・化学・物理・地学の4分野とも身近な事象をテーマにしながら知識を把握する力を養います。

・社会
  知識の詰め込みに留まらず、それぞれの分野の知識を積極的に融合、関連づけて、子どもたちの問題意識を深掘りします。

〈志望校合格に向けて実戦力の強化を図ります〉
○学習のポイント
・算数
 6年生の算数は「比」の概念を導入することから始まります。その後、入試頻出単元を中心に学習。夏期講習後は、各種ミックス問題に挑戦し、入試での実戦力を養成します。

・国語
 1学期は単元別演習を中心に基礎力の確認を、夏期講習は入試頻出文章の読解を中心に応用力の養成を図ります。2学期以降は、実戦力を養うために記述問題中心の演習を用意しています。

・理科
 夏期講習以降は全分野のおさらいをはじめ、各種ミックス問題を提供し実践的に訓練します。基本問題や入試で頻出する問題をすらすら解けるようにすることで、合格への一歩を後押しします。

・社会
 入試最頻出範囲である現代史から開始。公民分野にも入り、1学期中に分野別学習を終了。夏期講習以降は総復習の時期。全範囲の仕上げをし、知識全体の整理と試験本番への対応力向上を実現します。

料金 詳しくは塾にお問い合わせください

中萬学院 CG啓明館<中学受験>の特色

学力が上がる理由

中萬学院 CG啓明館<中学受験>は生徒の学力を上げるために様々な工夫をしています。

その1つに「2週間1ターム制&5週間1サイクル制」を導入していることが挙げられます。
まず隔週でテストを行うのですが、このテストは2週間の総仕上げを行うもので、学習内容の到達度のチェックを行います。

次にナビゲーション模試と称して、隔週テスト2回分の範囲から出題されるまとめテストを行います。これによって学習した内容を忘れていないかの最終チェックを行います。

このように「授業→隔週テスト→ナビゲーション模試」の流れを作り、何度も問題を繰り返し反復することで知識の定着率を向上させる方法をとっているのです。

また授業前に1人1人の宿題ノートを講師がチェックし、自宅での学習もしっかりサポートしています。
授業後は、確認テストのやり直しや個別質問に対応していますので、分からなかったところをその日のうちに解決することができます。


指導方針

<CG啓明館の指導>
中学受験学習を通してお子様が人間としても大きく成長していただけるよう、本校では一人ひとりと真剣に向き合うことのできるシステムと、成長過程に重きをおいた段階的な指導を実施しています。


<算数科>
自力で正解まで辿り着けるよう、模試・小テスト受験後の答案をもとに担当講師が一人ひとりの解答プロセスを分析・把握し、算数力アップを図る指導を行います。算数を身近に感じ親しみを覚えられるようなプログラムも提供しています。

<国語科>
読解しながら自分の意見を文章にまとめる指導を徹底し、小手先のテクニックに走らず、時間をかけて豊かな世界観を育てる取り組みを行います。

<理科>
机上の勉強だけでなく、実物に実際触れることを大事にします。五感で感じ、なぜそのような現象が起こるのかを考える。サイエンスラボをはじめ、理科への意欲を育む様々な取り組みを実施します。

<社会科>
ただの暗記ではなく、日常の経験や疑似体験を通して考え、因果関係を発見し、その意味を理解します。ニュースも教材として扱い、自分の目線で世の中を解釈する力を身につけます。

他との違い・こだわり

<少人数定員制>
 対話型の活気あふれる授業と目が行き届く指導
・1クラス最大25名なので、講師陣は生徒一人ひとりのノートが確認できます。
・生徒たち相互の高め合いを大切にするスクールづくりを行っています。


<個人担任制>
 個人担任制で合格までの道のりをバックアップ
・4教科担当講師、運営スタッフが一丸となってサポートします。
・面談も随時行います。

合格実績

<男子校>
浅野、麻布、栄光学園、鎌倉学園、慶應義塾普通部、京華、攻王社、サレジオ学院、芝、芝浦工業大附属、逗子開成、聖光学院、世田谷学園、高輪、東京都市大附属、藤嶺学園藤沢、武相、本郷、横浜

<女子校>
桜蔭、大妻多摩、大妻中野、神奈川学園、鎌倉女学院、鎌倉女子大、函嶺白百合学園、北鎌倉女子学園、香蘭女学校、相模女子大、品川女子学院、湘南白百合学園、聖セシリア女子、清泉女学院、聖ヨゼフ学園、聖和学院、洗足学園、捜真女子校、玉川聖学院、田園調布学園、トキワ松学園、豊島岡女子学園、フェリス女学院、普連土学園、聖園女学院、横浜共立学園、横浜女学院、横浜雙葉

<共(別)学校>
青山学院横浜英和、桜美林、開智日本橘学園、かえつ有明、神奈川大附属、関東学院、関東学院六浦、公文国際学園、慶應義塾湘南藤沢、工学院大附属、自修館中等教育、渋谷教育学園渋谷、湘南学館、成城学園、青稜、相洋、玉川学園、多摩大学目黒、中央大附属横浜、鶴見大附属、桐蔭学園中等教育、東海大付属相模、東京都市大等々力、桐光学園、日本大学、日本大第一、日本大藤沢、八王子学園八王子、広尾学園、法政大第二、目黒日本大、森村学園、八雲学園、山手学院、横須賀学院、横浜国立大附属鎌倉、横浜国立大附属横浜、横浜創英、横浜隼人、横浜富士見丘学園

<県内公立中高一貫校>
相模原中等教育、平塚中等教育、南高附属、YSFJH

※2019年度 CG啓明館17期生596名の合格実績です。

利用者の声

<浅野 進学! Fさん>
「実力を完全に出しきることができて良かったです。」
【保護者の方より】
「理科が好きで入ったCG啓明館。塾から帰ってくると、興奮気味にいかに授業が楽しかったかを語ってくれました。よい仲間に恵まれ、中学受験を通じて、勉強面も精神面も大きな成長を感じることができました。息子の力を最大限に引き出し、丁寧な指導でここまで導いてくださった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。」

<麻布 進学! Yさん>
「念願の麻布に合格することができて、最高にうれしいです!」
【保護者の方より】
「3年生の夏休みからスタートしたCG啓明館での塾生活、志望校合格のゴールで終わることができました。塾に行くのが楽しくて、やめたいと言ったことは一度もありませんでした。受験対策のみならず、勉強することの楽しさ、メンタル面の支えなど、ご指導してくださった先生方、スタッフの皆様、心から感謝いたします。」

サポート体制

〈正社員中心の先鋭な講師陣〉
 隔週で行われる教科全体研修をはじめ、生徒へ実施されるアンケート結果などから、講師全体の向上を図ります。


〈ご家庭での悩みを解決!〉
 ご家庭にとって最良の中学受験となるよう、一生懸命バックアップさせていただきます。些細な疑問も遠慮なく担任やスタッフにご連絡ください。


・中学受験情報のご提供
 各種冊子やCG啓明館主催中学校説明会などで最新の受験情報をご提供しています。また、ホームページにて多様なコンテンツをご用意しておりますので、ぜひご確認ください。


〈様々な安全対策で生徒の安全を確保!〉
 安心して通っていただけるよう、緊急時の対策を徹底しております。

・保護者メール
 登下校時にお子様が受付に設置しているリーダーにカードを通したことを、指定のメールにお知らせします。

・携帯用ブザー
 携帯ブザーを無料で貸し出ししています。

・防犯対策
 近隣警察署との連携を図るとともに、教室には監視カメラ、侵入センサーを設置しています。

・防災対策
 教室は消防検査の基準を通過しています。また万一の災害に備え、スクール毎に緊急避難先を定めており、緊急時には職員が引率いたします。

・CGお知らせメール
 悪天候による休講などを携帯電話やPCにメールでお知らせします。

入会の流れ

1.無料体験授業・個別面談
2.学力診断のお申し込み
3.診断結果連絡
4.入塾手続き
5.無料体験授業・個別面談

関連のある塾